2018年度キッズBEE解説 その1

算数オリンピック

こちらでは、2018年度キッズBEEの解説をしてみたいと思います。

権利関係が怖いので、問題文は載せずに解説のみです(苦笑)
(文脈上、分かるところもありますが、それはそれとして・・・)

受験された方だけが分かる仕組みになってます。

 

 

もんだい1

4つの数字を足して、その合計が二けたの数になる時、一番大きいパターンで3~6を足した18です。

従って、右辺の10の位は「1」で確定。

残りの1の位ですが、順番に適当に入れていけば5通りしか選択肢がないので、すぐに分かります。

答え:2,3,4,6,1,5 ※最初の4つは順不同

 

もんだい2

4等分した方は一つ5cmなので2つで10cm、5等分した方は一つ4cmなので2つで8cm。

左2つの右端がそろっているので、ずれている部分は2cm。

この部分はそのまま右にはみ出ている部分に該当するので、20cm+2cmで22cm

答え:22cm

 

もんだい3

1枚ずつ、上からはがしていき、1枚はがしたら、次はどこまで見えるのか?を順番に確認していきます。

1枚下にある紙はどれか?を間違えずに確認していくには「見えている部分にどこかが足されたら、1枚全体が見えるか?」を注意深くみていくことが重要です。

そうすると、順番に以下の通りになります。次に注目すべき(下の)紙は色を付けています。

 

もんだい4

この手の問題は筆算にすることで、数字の組み合わせを絞り込んでいくことが基本になります。

ここから分かること

イ+エが1になるには繰り上がるしかない →アは1(確定)

 

次に逆方向

同じく分かることは、

イ+オが1になるには繰り上がるしかない →ウは5(確定)

ここで、

ウが5なので、右方向の筆算からオは7(確定)

また、アが1だったので、エは6(確定)

これを元の式に戻すと、

よって、イは4(確定)

答え:ア1、イ4、ウ5、エ6、オ7

 

もんだい5

見えるところをチェックしていくと煩雑になるので、逆に、一人ずつの視点で消えるところをチェックする方が簡単。

最初の状態

だいすけ視点で消えるところ

ピーター視点では消えるところはないので、さくら視点で消えるところを追加する

残ったところ

 

難易度評価

もんだい1:
もんだい2:★★
もんだい3:★★★
もんだい4:★★★★
もんだい5:

という感じですね。


ブログランキングに参加中!
一つずつポチポチ、宜しくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村(家庭教育)

人気ブログランキング(在宅学習)