日々の取り組み/コラム

創作お話遊び

長女さん(5歳)はまだまだ親と一緒に寝たい年頃です。
普段は、寝る前に一緒に絵本などを読むことが多いのですが、たまには趣向の変わった遊びをします。

 

それは「創作お話遊び」です。

これは親が創作するのではなく、実は本人が創作する遊びです。

 

 

こんな感じでやります。

夜、布団に入り、部屋の電気を消して目を閉じて、、、

父「今日は朝起きてから遠足に行くまでのお話をしよう!」

 

ここから創作お話がスタートします。

 

父「朝起きたよ~、今は何時かな~?」
娘「えっとねー、6時30分!」

父「そっかぁ、じゃあ起きたら、まずはどこに行こうか?」
娘「お二階(リビング)に行く!」

父「よし、じゃあお二階に移動だ~」
娘「移動だ~」

父「着いた?」
娘「着いた」

父「じゃあ、着いたらまず何をしようか?」
娘「まずはお着換えする!」

父「今日はどの服を着ていくの?」
娘「お花のスカートと、赤いシャツ!」

父「じゃあ、お洋服を用意しよう!お洋服はどこにある?」
娘「1階のお部屋」

父「じゃあ、取ってきてね~」
娘「はーい」「取ってきた~!」

父「じゃあ、お着換えをしよう!まずはどれから着る?スカート?シャツ?」
娘「スカート!」

父「スカートのお着換えが終わったら言ってね」
娘「終わった!」

父「じゃあ次は何を着るんだっけ?」
娘「シャツ!」

父「じゃあ、シャツのお着換えをしよう!」




とまぁ、このような感じで全部想像(創造)しながら、自分でお話を作っていく遊びです。
ちなみに、この後にはお兄ちゃんや母ちゃんが出てきて、お弁当を作ってもらったり、朝ご飯を食べたり、おでかけの準備をしたりします。

 

大体は、付き合う親の側が飽きてしまって、話をショートカットさせて、玄関を出たあたりでいつも終わります(笑)

創作する遊びは、日常を切り取ったものでも良いですし、架空の話(豚さんとかが出てくるもの)でも良いです。
この遊びのポイントは、自分で好きに話を組み立てられるのと、全て頭の中で構成していき、頭の中でそれを体感させていくところです。

 

問いかけの中で
「何が見える?」
「誰が来た?」
「どんな表情?」
「どんな味?」
「どんな色?」
など具体的に想像させて、イメージする力・流れを構築する力が養うのを狙っています。

 

親は結構早々に飽きてしまう(眠くなってしまう)のですが、子どもは結構楽しそうにドンドン話を作ってくれます。

ただ本を読むことに飽きてしまったら、こんな創作話遊びも良いと思います。