2020年の教育改革とは何か?(プログラミング編)

塾・習い事, 業界情報

2020年の教育改革でプログラミング教育が導入されることは、皆さん、多くの方がご存知だと思います。
※関連記事:2020年の教育改革とは何か?(ざっくり背景編)

 

ご近所のママ友・パパ友の様子を見ていると、「プログラミング教育」のとらえ違いをしている人が多くいるようです。

とらえ違いのパターンとしては、「プログラミング教育とは『プログラミング技術を身につける教育』である」と誤認しているのが大半です。

 

小学校ではたしかに「プログラミング教育」が始まりますが、これは必ずしも「技術」を身に着けるためのものではありません。
というよりも、むしろ、もっともっと根本的な部分を学ぶ教育だというのが実態です。

ですが、この辺りが上手く世間では伝わっておらず「プログラミング」という言葉だけが独り歩きをして、保護者の不安を煽ってしまっているというのが現状です。

 

正確な情報を引用します。
文部科学省のHPでは、プログラミング教育の目的について、以下のように表記されています。

①「プログラミング的思考」を育むこと、②プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解 決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと、③各教科等での学びをより確実なものとすることの三つと言うことができます。

 

プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではないということを、押さえたいところですね。

 

お役所文書ですので、固くて分かりにくいですね。。。
教育父ちゃん的に、超ざっくりと要約(翻訳)します!

①②③をそれぞれ要約(翻訳)しますと、以下の3つを身に着けさせるのが「プログラミング教育」の目的です。

■何をどうすれば求めたいゴールにたどり着くのか?を考える論理的思考力を身に着けよう!
■コンピュータが動く仕組みを知ろう!
■プログラミング(デジタル技術)を活用して、各教科(算数など)の理解を深めよう!

以上です(笑)

 

さて、これを見てお気づきの通り、「プログラミング技術」などは一切出てきません。
勿論、その技能習得の要素も入ってきますが、それが主ではないんですね。

ここを多くの方が勘違いされていて、不安ばかりが大きくなっているんです。

 

教育改革の流れを受けて、子ども向けのプログラミング教室が雨後の筍のように増殖していますが「プログラミングの知識を早めに付けさせたいという理由で通塾を検討する」のであれば、「そんなものは要らん!!!!」と声を大にして言いたい!

 

肝は「プログラミング的思考」にある、ということを正しく理解した上で教室選びをしないと「こんなことがプログラミングできるようになります!」というキャッチコピーに踊らされることになります。

 

本当に子どものために身に付けさせたいと考えるんであれば、この「論理的思考力」をどのように付けさせるのか?を重視しているスクールを選ぶことをお勧めします。

ちなみに、プログラミング的思考の一番分かり易い例(というか原点の視点)は「プラレールで線路を組み立てる」という遊びに代表される「自分の考えを具現化させるために、合理的な組み合わせを考える遊び」をイメージされると良いと思います。

そういう意味では、パソコンをいじらなくても「プログラミング的思考」は育てることは家庭でも十分に出来るということです。

 

つまるところ、学校でプログラミング教育が始まるという漠然とした不安に踊らされるのではなく、むしろ日々の暮らし・遊びの中で「自分で考えて組み立てるような思考を働かせているか?」ということをご家庭でも気にかけていただければ、それが結局のところ「プログラミング思考のトレーニングになる」ということなんですね。


ブログランキングに参加中!
一つずつポチポチ、宜しくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村(家庭教育)

人気ブログランキング(在宅学習)


ブログランキングに参加中!
一つずつポチポチ、宜しくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 教育ブログ 地域・家庭教育へ
にほんブログ村(家庭教育)

人気ブログランキング(在宅学習)